ナンバープレートの封印

運輸局で車の登録・検査を受けると、ナンバープレートが交付されます。ナンバーを設置したら、運輸局の検査官がきて、車台番号・自動車検査証・ナンバープレートを確認し、同一性が確認できたら封印(アルミ製のキャップ)をはめて貰えます。取り付け位置は車両後部のナンバープレートの左側と定められています。ナンバープレートを取得したという最終的な証しとなります。
封印の表面には東京なら「東」、大阪なら「大」、神奈川なら「神」と車検証に登録されている住所を管轄する地方運輸局の刻印が入っています。
封印には財産としての車の所有権の公証と特定、ナンバープレートの取り外し防止と車両の盗難犯罪を防ぐ役割があります。破損や紛失の場合は、登録を受けた運輸支局で再封印の手続きを行いましょう。

 

ナンバープレートの封印は義務

道路運送車両法第11条により自動車の登録車については、その登録を明らかにするためにナンバープレートに封印を取り付けないと公道を走行できないことになっています。
封印は整備のためなどの理由がなければ取り外してはいけないということも道路運送車両法第11条第5項で定められており、ナンバープレートの封印を自分で取り外した場合は違反点数(2点)、罰則(6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)に問われます。

 

軽自動車のナンバープレートに封印義務はない

普通車は国に登録された資産(動産)として扱われています。このため所有者(所有権)を証明する必要があり、ナンバープレート(自動車登録番号標)が容易に取り外しできないように封印が行われております。
普通車のナンバープレートは「自動車登録番号標」となっているのに対し、軽自動車のナンバーは「車両番号標」となっています。普通車のことを「登録車」と呼ぶ事があるのに対して、軽自動車は「届出車」なんですね。
軽自動車は、運輸局に「登録」をせずに、軽自動車協会に「届出」をするだけで、ナンバープレート発行してもらいます。
封印の作業はないので、書類の提出だけでナンバーを持って帰る事ができますし、乗ってきた軽自動車にその場で取り付けることも可能です。ナンバープレートの封印は行われません。

お問合せ

お問合せ

お電話やメール、お問合せフォームにてお気軽にお問い合わせください。

電話対応 9:00〜11:00 14:00〜18:30
TEL 0120-897-198
MAIL support@gyousei-net.com

LINEでかんたん申込・問い合わせ

お問合せ

ラインで問合せ、申込が可能です。IDまたはQRコードでご登録ください。
ラインID syoshidaline
QRコード ライン
トップへ戻る